薄毛の知識

AGAの(エージーエー)とは
AGA(エージーエー)とは一般的には成人の男性で抜け毛が進行し髪が薄くなる状態をさし、 正式にはAndrogenetic Alopeciaの略で直訳すると「男性型脱毛症」と言われております。
AGAになる原因
一般的な薄毛や抜け毛の原因としては、ストレスや食事などの生活習慣が原因となり易いですが、 AGAと呼ばれる男性型脱毛症に関してはその他の原因として遺伝や男性ホルモンの影響が強くなります。
こんな方はAGAの疑いがある
AGA(男性型脱毛症)の症状についてはいくつかの特徴がございます。
円形脱毛症の改善方法
円形脱毛症は良く10円ハゲや500円ハゲと言われています。 頭皮に円形の脱毛部分を見つけたら、それはおそらく円形脱毛症です。
AGAによる合併症
AGAの治療薬として現在最も注目されているのが飲む育毛剤「プロペシア」です。 主成分であるフィナステリドは1997年にアメリカFDAに正式に認可されており、安全性が確認されています。
AGA薄毛治療薬、ジェネリックなどに関して
現在、最も有効的なAGA薄毛治療薬として話題となっているプロペシアのジェネリックが、ファイザー株式会社から2015年4月に発売されました。 国内初となるプロペシアのジェネリックであり、各医療機関で処方されています。
オーダーメイドAGA治療法
AGAと一言で言っても、一人ひとり脱毛の症状に違いがあります。 だからこそ、当センターでは、一人ひとりに適したオーダーメイドAGA治療法を提案しています。
心のケアと薄毛の悩みについて
抜け毛が目立つようになり、薄毛が進行してくるとそれが悩みとなって次第にストレスになってくるでしょう。 薄毛は決して病気ではありません。でも徐々に薄くなる頭皮を毎日見なくてはならないのはとても辛いですよね。
AGA治療を検討中の方にクリニック選びのポイント
薄毛、いわゆるAGA治療を検討中の方誰もが、高い効果を得ることのできるクリニックへ行きたいと考えているはずです。 でも、数あるクリニックの中から信頼できる所を選ぶのは中々大変ですよね。
AGAによる薄毛の遺伝子検査
AGA遺伝子検査をご存知でしょうか? 簡単に説明すると「将来的に薄毛(AGA)になるかどうかを遺伝子レベルで判定する検査」です。
AGAによるホルモンバランスの影響に関して
ホルモンバランスが崩れたことが原因となりAGAを発症するケースが多いってご存知でしょうか? AGAは5α還元酵素という男性ホルモンの一種が、アンドロゲンレセプターという毛乳頭内部の男性ホルモン受容体と結合することでDHTが生成されます。
薄毛のことは専門の発毛技能士にお任せください。
「発毛技能士」とは、育毛や毛髪に関して優れた知識を有していると認められた技術者のことです。 AGA大阪発毛センターには、経験豊富な優れた知識を有している発毛技能士が在籍しています。
タバコと薄毛
タバコと髪には意外にも深い関係があるのをごぞんじでしょうか。 体に悪い、肌に悪いと昔から言われているタバコは、髪や頭皮に悪影響を及ぼします。
薄毛とお酒との関係
薄毛の原因の一つに、食生活の乱れが挙げられます。 好き嫌いが激しく、栄養の偏った食生活は、自ら薄毛を進行させる原因になってしまいます。
抜け毛対策
抜け毛対策で良く髪型を坊主にしてしまう方がいらっしゃいます。 坊主にすると髪は太くなるとか、抜け毛が減るという根も葉もない噂があるようですが、実際のところどうなのでしょうか。
抜け毛と毛染めパーマとの関係
昔と違い、床屋ではなく美容室へ通う男性が増加しています。 確かに、床屋と比べ、美容室で使用している毛染めやパーマ液は良質なものが多いでしょう。
AGA、皮脂との関係
良く『脂性の人はハゲやすい』と噂されていますよね。 噂だけなら良いのですが、確かに脂性の男性は薄毛になりやすいと言って良いでしょう。
発毛サロン、AGAクリニック、保険の適用に関して
AGA治療や薄毛治療に特化しているのが発毛サロンやAGAクリニックです。 皮膚科でもプロペシア処方などAGA治療が可能ですが、皮膚科は皮膚科であり、発毛サロンやAGAクリニックのような治療はできません。
AGAクリニック、医療費控除
AGA治療に健康保険は適用されませんが、せめて医療費控除を受けることはできないかと考えますよね。 医療費控除というのは、医師による診療や治療の費用、治療に必要な医薬品購入に対して適応されます。
プロペシア、フィナステリド、フィンペシア副作用について
AGA治療薬として処方されているプロペシアやフィンペシアの主要有効成分がフィナステリドです。 フィナステリドの効果は、周知の通りなのですが、副作用について良く知らないまま服薬してしまう方が結構いらっしゃいます。
発毛サロンと専門クリニックとの違い
現在、日本においてAGA治療を行っているサロンやクリニックは数多くあるでしょう。 実際に薄毛で悩んでいる方は、そういった機関で治療することを考えていると思うのですが、
薄毛と食生活の関係
薄毛や抜け毛で悩む方の多くは、頭皮の健康を考え、育毛剤を使用したり、育毛効果のあるシャンプーを利用するのではないでしょうか。 しかし、それを利用する前に、もっとしっかり考えなくてはならない問題があります。
薄毛になりやすい生活習慣
薄毛と生活習慣には大きな関わりがあります。 実際にどのような生活をしていると薄毛になりやすいのか説明してきます。
再生医療としての薄毛治療
育毛剤や育毛シャンプー、カツラや飲み薬など、薄毛ケアの市場規模は多大なものになっています。 現在、日本においてAGAを発症している20歳~70歳までの成人男性約1000万人が薄毛に悩んでいると言われています。
薄毛治療のメリット、デメリット
薄毛治療の一番大きなデメリットは『お金がかかる』事ではないでしょうか。 健康保険が適用されないため、全て実費での支払いになります。
ストレスと髪の関係性
現代社会において、ストレスはデフォルトのような物になってしまっていると同時に、薄毛で悩む男性が非常に増加していると言われています。 世界的な不景気の余波を受け、リストラの恐怖に怯えながら生活している方は、毎日がストレスに違いありません。
薄毛と睡眠
薄毛と睡眠には深い関係があります。 寝不足になると、交感神経が優位になって、男性ホルモンが増加されます。
薄毛シャンプーに関して
抜け毛や発毛を促す効果があるとして人気となっているのが薄毛シャンプーです。 シャンプーは毎日行うものであり、頭皮に多大な影響を与えると言われています。
育毛とサプリメントについて
育毛・発毛を促す効果のあるサプリメントをご存知でしょうか? プロペシアといったAGA治療薬は医師の処方箋が無ければ購入することができませんが、
ハゲ予防について
若い年齢から薄毛に悩まされる男性は少なくありません。 例えば、自分の父親がハゲていると、自分もいずれ父親のようになるのでは?と不安になりますよね。
AGAのプロペシア
男性型脱毛症「Androgenetic Alopecia」の略であるAGAは、成人男性に良く見られる薄毛の状態を指しています。 額の生え際、もしくは頭頂部の髪が薄くなっていくのですが、その原因は遺伝や男性ホルモンにあると言われています。
AGAの治療期間は?
AGA治療として現在最も代表的なのがプロペシア治療です。 プロペシアの服用は成人男性である事が条件となっているように、男性のAGA患者にだけ処方されるものです。
AGAによる抜け毛 本数
薄毛が気になっている人にとって抜け毛は脅威ですよね。 抜け毛を見つけるだけで薄毛が進行しているのではないかと心配になるでしょう。
AGAによる影響、抜け毛 毛根
AGAによる影響で抜け毛が目立つようになります。 抜け毛を引き起こす原因は活性型男性ホルモンの分泌とホルモン受容体との結合です。
洗髪による抜け毛
ヘアケアの基本は洗髪です。髪を洗うと同時に頭皮を洗うのが洗髪の基本です。 特にAGAの男性の場合は皮脂の分泌が非常に活発になるため、毎日頭皮を洗髪し清潔に保つのはとても重要な事です。
AGAやM字ハゲでおすすめの育毛剤
AGAの症状の1つと言われるM字ハゲは、生え際からこめかみに食い込むように脱毛する薄毛です。 日本人に多いとされているM字ハゲは放置すると、どんどん後退して行くため早急に改善策を実行したいものです。
AGAチェックをしたい時は病院?
自分がAGAかどうかを知るためには、病院などでしっかりチェックしてもらわなくてはなりません。 自己判断でAGAと決め付けるのはいけません。
AGAによる、はげ・髪型
AGAによる薄毛により困るのが髪型ですよね。 本当は流行の髪形にしたい、自分好みの髪型にしたいというのが本音ですが、はげが目立ってしまうのは避けたいですよね。
はげの芸能人
芸能人にも薄毛に悩む方がたくさんいらっしゃいます。 薄毛を隠さずにトレードマークとして仕事をされている芸能人、はげを逆手に取って人気を得ている芸人さんなど色々ですが、
発毛サイクル
抜け毛はAGAでない方でも毎日見られる生理現象です。 健康な頭皮の方でも通常一日に50本~100本の抜け毛が見られます。100本以上の抜け毛が見られる事もあり、
AGAの生え際が発毛
AGAにより生え際から薄くなっていく方が多いと思います。 手グシで髪をかき上げた際に「あれ?髪が少なくなった?」と感じたらもしかしたらAGAを発症している可能性があります。
アメリカFDAは、650ナノメートルの光線が有効と発表
最近話題となっているのがアメリカFDAが発表した薄毛治療法です。 「ある条件のレーザー光」を頭皮に照射することで毛母細胞の細胞分れるを活性化させ、髪を成長させることができると言うもの。
AGAと男性ホルモン 髪との関係
男性型脱毛症、通称AGAの原因の多くは男性ホルモンにあると言われています。 男性ホルモンは男性にはもちろん、女性にも存在するものですが、一体どうしてその男性ホルモンがAGAの原因になるのでしょうか。
髪の量が多い人の原因
薄毛が気になるというのは、元をただせば『生えてくる髪の量に対して抜け毛の量の方が多い』という事ではないでしょうか。 発毛があったとしても、それを上回る抜け毛があれば、当然髪は薄くなって行きます。
世代再生因子の美容法「Prenzel(プレンツェル)」
これまで医療現場で病気を治すために研究されてきた「再生因子」は、壊れてしまった細胞を修復する幹細胞から生まれるたんぱく質のことです。 再生因子は、本来体内に元々存在するものであり、皮膚、血管、骨、臓器などさまざまな再生が可能な優れた因子なのです。
ジェネティックファクター®(再生因子) -株式会社 FET とは
再生因子、ジェネティックファクターRは、元々体内に存在している幹細胞から分泌されるたんぱく質の総称です。 体内にて壊れた細胞を修復する役割を持ちます。
iPS細胞と発毛の関係
ここ数年、髪の再生医療のついてのニュースが薄毛に悩む方々を賑わせています。 再生医療とは失われてしまった機能を再生すると共に回復させる治療法であり、髪だけでなく肌などにも適用することのできるものです。
幹細胞培養液は、発毛するのか
幹細胞培養液という物を知っていますか? 幹細胞は傷んでしまった細胞や古くて機能が低下してしまった細胞を新しい細胞に置き換える性質があります。
髪の再生医療は発毛すること?
AGAを発症された方が、間違ったケア方法を行っていたり、ケアや治療をせずに放置することで毛根自体が消滅してしまう恐れがあります。 毛根がなくなってしまうと必然的にそこから髪が生えてくることはありません。
髪が細くなる原因は?
顔も体格も性格も人それぞれ違いがあるように、髪の太さも人それぞれ違います。 太く硬い髪質の方もいれば、細くてサラサラな髪質の方もいらっしゃいます。
薄毛対策は食事も影響する?
薄毛対策として発毛サロンやAGA専門クリニックに通院すると同時に一度毎日の食事を見直してみませんか? 食事の好みは人それぞれ違いますよね。
自毛植毛
自毛植毛という薄毛改善法をご存知でしょうか。 後頭部から側頭部にかけて将来的に髪が抜けない部分から自分の髪をドナーとして採取し、脱毛して髪が生えなくなってしまった部分に植え込む方法です。
植毛と費用の比較について
自毛植毛に掛かる費用は基本治療費の他、移植する本数により異なります。 健康保険が適用されないため、それら全ての費用が実費になるのですが、自毛植毛はあまり広範囲の薄毛の方に向いていません。
薄毛になりやすい職業 → 医師、教師、弁護士
薄毛は男性の大きな悩みの1つだと思います。 薄毛には色々と種類があるのですが、ストレスからくる薄毛には職業が関係していると言われています。
発毛にヘルメットは効果があるのか
薄毛対策商品としてさまざまな物が登場していますが、今話題となっているのが『薄毛治療ヘルメット』です。 アメリカ・カリフォルニア州のセラドーム社が発売したもので、着用するだけで発毛・育毛を促すといった商品です。
AGAと皮膚科
男性によって薄毛は非常に深刻な問題です。 薄毛にはさまざまな原因が考えられますが、その多くは男性型脱毛症(AGA)だと言われています。
発毛治療薬は発ガン物質の危険性がある?
プロペシアのジェネリック薬として個人輸入する事のできる発毛治療薬フィンペシアですが、日本では不許可となっている添加物が含まれています。 その添加物「キノリンイエロー」は発ガン物質であり危険性が高いと危惧されています。
  • 電話 0120-50-8260(ゴーハツモー)
  • 今すぐ無料カウンセリング

Topics トピックス

2017.04.23
先日大阪にて行われました全国AGA発毛サロン総会にて 当サロンが業績優秀店舗表彰にて全国3位に選ばれました!! 大阪では1位の実績となります! これからもより引き締め、全てのお客様が発毛しておりますこの現状を崩さないように努めて参ります。 当サロンでは無料相談も受け付けておりますので、是非お気軽にご相談くださいませ。
2017.03.20
そろそろ暖かくなってくる季節がやってまいりました。 ご職業によっては汗がじんわりとされる方も多いのではないでしょうか。 その汗には脱毛原因となる悪玉男性ホルモンが大量に分泌されている恐れが誰しも潜んでおります。 これを機に当サロンにて脱毛原因の根本から解決しませんか? 当サロンでは無料相談も受け付けておりますので、是非お気軽にご相談くださいませ。
2017.01.10
明けましておめでとうございます。 今年もAGA大阪発毛センターをよろしくお願い致します。 1年に1度のお正月。家族みんなが集まり、久しぶりに会うと親戚の髪が薄くなってる、、、なんて心当たりはありませんか?もしかしたらあなた自身もそう思われているかもしれません。まずは自分自身が薄毛かどうかを確認しませんか?当サロンでは無料相談も受け付けておりますので、是非お気軽にご相談くださいませ。
2016.11.05
寒くなってきましたね。発毛にはこれからの季節、関節や筋肉を動かしたり、
内臓を冷やさないように等の冷え性対策が必須ですので気をつけましょう。
0120-50-8260(ゴーハツモー)
2016.9.21
食欲の秋ですね。皆様は食事の時間帯には注意されておりますか?
お昼は12:00以降、夜は20:00までに腹8分目まで摂るのが理想といわれております。
消化活動というのは目には見えないですが想像以上に体力が奪われますので効率よく消化をしていきましょう!
0120-50-8260(ゴーハツモー)
2016.7.20
こんにちは。ムシムシとした暑い日が続いておりますね。
こんな時は爽快感を感じられるメントール入のアルコール系シャンプーを使いたいところですが、
そのシャンプー、、、大丈夫ですか?
当サロンでは洗浄力を抑えAGAに対応したシャンプーを使用しております。
頭が油っぽいと感じられる方は一度お試しくださいませ。
0120-50-8260(ゴーハツモー)
2016.5.20
こんにちは。
梅雨入り前にも関わらず今年はムシムシした日が続いておりますね。
実は日本で紫外線量の最も多い月は5月である事をご存知でしたでしょうか。
紫外線には毛母細胞にダメージを負わせ、後退期へと促進させる症例もございます。
なのでお出かけの際はご注意ください。
0120-50-8260(ゴーハツモー)
2016.4.15
こんにちは。
まだ少し肌寒い日がありますので、気温の変化にご注意ください。
油断して風邪を引かれると免疫能力が下がり、頭皮環境も悪くなる事もございます。
睡眠の際は十分暖かくして寝る事を心掛け下さい。
0120-50-8260(ゴーハツモー)
2016.3.15
こんにちは。
新年度を迎えるにあたって新しい出会いが多くなるかと思います。 実は、新年度までに薄毛対策を始められる方は、意外と多いんですよ。
薄毛でお悩みのお客様!!
まずは、ご相談くださいね。
0120-50-8260(ゴーハツモー)
2016.1.05
新年明けましておめでとうございます。
今年も多くのお客様に発毛を実感して頂けるように取り組んでまいります。
0120-50-8260(ゴーハツモー)